分譲マンション購入のコンサルティング

マンション購入の際に、
図面やモデルルームだけで決めてしまうことに
不安はありませんか?

これまでの設計・監理の経験から、間取り、仕様、施工等について客観的なアドバイスを行い、より良い選択ができるようにお手伝いします。

◆建てたい方が集まって創るマンション方式 「コーポラティブハウス」
 マンションを買うなら、これからはこの方式をお勧めしています。

◆分譲マンション内覧会同行立会いサービス
  内覧会に同行するサービスも行っております。

◆分譲マンション購入のヒント「分譲マンションのここを見る!」
 購入前、購入後に確認したい事項をあげています。参考にしてください。


分譲マンション内覧会同行立会いサービス

〜分譲マンションの内覧会を予定されている方へ〜

内覧会は、
引渡し前の単なる形式だけの
マンション売主側の行事ではありません。


分譲マンションは、建物ができる前に、パンフレットやモデルルームで仕様や間取りを想定しながら、実物にふれることなく売買されることがほとんどです。

内覧会において、初めて実際に住居として体感できることになります。
販売時のパンフレットとの相違がないか確認できる最初で最後の機会なのです。

又、施工上の不具合等があれば、この場において指摘し直してもらわないと(もちろんアフターサービスの期間が定められてはいますが)入居後では、なかなか対応してくれない場合が多いようです。

しかし、建築の専門知識がないと、売主や施工者に正確に強く要求できないこともあると思いますので、専門家によるチェックは、入居後に生じることのあるトラブルを防ぐ為にも必要なことだと思います。

私の一級建築士事務所では、多くのマンションの設計・工事監理の知識・経験があります。
この経験もとに、マンション内覧会時に同行し、販売時のパンフレットとの整合性の確認、オプショ ン施工の確認、施工の不具合の指摘等を、ご購入される方に代わり行っております。

どうぞ、お気軽にご相談下さい。


「分譲マンションのここを見る」

実際にマンションを造る現場で気が付いた、留意すべき事項をあげてみました。
マンションの購入を検討されている方には、ご購入後に大切なこともあり参考になると思います。

周辺環境・配置計画、共用部分

■プライバシー
・敷地に隣接して建物がある場合、購入しようとする住戸の窓に対して、向かい合う窓の有無を現地にて確認。マンション内の他の住戸についても同様に確認。
・1階の住戸について隣接建物との境界のフェンスの仕様が、ルーバー等の目隠しになっていますか?
■遮音
・線路や交通量の多そうな道路に面している場合、窓(アルミサッシ)の遮音対策について確認。
(旧表示 TS-30等)

■眺望
・バルコニーの前に電柱や電線がないかどうか図面では解らないので、現地にて確認。

■動線
・ゴミ置場の位置は、エントランスの脇等、不快にならない場所で、かつ、あまり遠すぎない位置にありますか?

■駐輪場
・平置が望ましいですが、台数を多く確保する為、機械式となる場合、2段式は上段が使いにくく、置ける機種に制約があります。
・ラック式(2段式とは異なる)であれば、問題は少ないと思われます。

■防犯
・エントランスのオートロック以外で、裏側(屋外階段からの出入口等)についても、施錠ドアが付いていますか?

■屋外階段
・修繕時を考慮すると、鉄骨造よりもコンクリート造のほうが望ましいです。

■住戸玄関廻り
・メーターボックス内の湯沸器の排気吹出し方向が、玄関ドアの正面でないですか?
・インターフォンは、ドアの開く方向に対して使いやすい位置にありますか?

住戸部分

■遮音
・上下階で間取りが違う場合。(例えば、下階が洋室で上階がリビング等)下階で音の問題を気にするならば、避けておいたほうが良いことがあります。
・リビング等が二重天井になっている場合、上階からの音に対して、遮音性能が下がる場合があります。
・洋室(特に主寝室)付近にPSがないこと。ある場合には遮音対策を確認(石膏ボード増貼、グラスウール巻き、遮音シート巻き等)

■断熱
・下階が車路等で、直接外気に面している住戸について、下階との断熱の方法を確認。

■プライバシー
・玄関が、エレベーターの昇降口から直接見えない位置になっているますか?
・浴室の窓について、外部からどのような角度で見えるのか、現地で確認。又、ガラスは型板(くもりガラス)か、ブラインドは付いているかを確認。

■収納
・クローゼットの間口が1間を超える場合、内部の可動棚板は分割されていないと、重すぎて可動できない場合があります。
・物入、システムキッチンの収納の可動棚板が、標準の枚数では足らないことがあります。販売主と事前に打ち合わせの上、追加することは可能と思われます。

■清掃
・バルコニーのない腰窓の外部側のガラス面の清掃が容易ですか?
(引き違いは問題ないが、開閉窓の一部で清掃しにくい場合があります。)

■眺望
・関連法規上、ガラスが網(鉄線)入りとなる個所について、法的に適合した網のない特殊加工されたガラスがあります。別途、差額費用分必要で、販売主との打ち合わせにより変更できる可能性があります。

■エアコン
・屋内機の想定された位置に、取り付け用の壁下地(コンパネ等)が入っていますか?
・屋外機の想定された位置が、バルコニーへの出入窓(掃出し窓)にかかり、出入りに支障がないですか?
・エアコンからの排水(ドレイン)が垂れ流しにならないように、バルコニーの側溝まで排水溝がありますか?

■バルコニー
・逆梁のあるバルコニーは、物干金物や布団干しが低すぎて付いてしまうことがあり、形状、取り付方法を事前に確認。
・物干の位置は、リビング・ダイニングの前にないことが望ましいです。
・キッチンレンジフードの排気口が、物干の近くにないことが望ましいです。
・上階がセットバックしている場合等、上部の庇の出が小さく、雨かかりになることがあるので事前に確認。
・ルーフバルコニーへの出入窓に、(防水の納まり上)床からの立ち上がりの段差が付くので寸法、形状を事前に確認。

■ライトコート
・吹抜けの広さ、間取り等にもよりますが、下の方の階(例えば、7階建ての1〜3階くらいまで)は、さほど明るくないことがあります。


ページトップへ